プロフィール

平野淳也_Junya Hirano

VWT,limitead founder

Junya Hirano

平野淳也

bitcoiner, entrepreneur, investor for several startup, blogger. 

ビットコイナー、起業家、投資家、ブロガー

略歴
1991年生まれ。

大学時代に創業した服飾・貿易事業を経営中の2014年にビットコインを知り、その可能性に惚れ込む。

少しずつビットコインの業界にシフトをしていき、2016年に貿易事業を完全に譲渡。

現在は、ブログや各種メディアで執筆活動を行う他、自身の会員コミュニティ「世界で生きる研究・実践所」、暗号通貨のアナリシスや業界分析を行う有料ポッドキャスト「コインストリート」を運営。

年間約20カ国、40都市をを周遊しながら、暗号通貨プロジェクトとの取材、ミーティングを重ね、エンジェル投資も行う。(投資打診の連絡はいつでもウェルカムです)

他、暗号通貨業界やブロックチェーン関連のビジネスに参入する各社から相談を受けたりなど。

ビットコインについては投資、社会をどのように変えていくのか両面からの考察を続けている。

生活
持ち物のほとんどを身軽にして、ノマドになりました。
鞄と、スーツケース1つを、メインの持ち物として、国内外のホテルなどを転々とする、ノマド生活を実践中。
もともと、デジタルガジェット好きでもあり、利便性を損なわずに、物をいかに減らして、多拠点生活をすることに、頭とお金を随分使いました。
飛行機の機内に持込みできるバックパックに、生活の、ほぼ全てを詰め込るようにしました。

 

このブログについて
このブログのタイトルは、【Think Nomad】としました。
21世紀は、人も会社も、生活もあらゆるものが、ノマド的になり、また、ノマド的に物事を考えることが、時代に合った生き方だと思います。

ノマドという言葉は、日本では、会社に属さないで、場所を選ばず働くフリーランスという狭義の意味で広まりました。
ですが、”21世紀最高の頭脳”とされる、ジャック・アタリ氏は、著書『21世紀の歴史』のなかで、21世紀、全ての人類は、ノマド化すると説き、今日の「ノマド」という概念は、こちらです。
個人のエンパワメントと、近代国家のシステムの希薄化により、必然的に人類は、国家の手を離れ、各個人や組織に集約されると主張します。
そして、国境が薄れたフラットな世界では、全ての人類がノマド化すると、主張した上でアタリ氏は、ノマドを、「ハイパーノマド」「バーチャルノマド」「下層ノマド」の、3つのカテゴライズしました。
ノマドという言葉が、振りまくイメージは、「自由な生き方」「世界中を飛び回る」「世界と繋がり、世界で働く」「経済的に不自由がない」といったところでしょうか。
しかし、ジャックアタリ氏によると、これは、上位数千万人のみで構成されるだろうハイパーノマドだろうと言います。
僕も含め、多くの人は、上位数千万人で構成されるハイパーノマドとして、生きることは、難しそうです。

一般の人が、このノマド化する世界を、どう生きていくべきか自問自答しながら因数分解するため、ブログを書くつもりです。

このブログでよく取り扱うトピックは、
・時事ネタ・オピニオン(社会のノマド化など)
・働き方(会社・業務のノマド化)
・ガジェット紹介(物理的にノマド生活にをするためのツール)
・旅ネタ(物理的な移動)
・ビットコイン(貨幣のノマド化)
などです。

「ノマド化する世界を楽しく生きるためのブログ」として、更新中です。

オンラインサロン「世界で生きる実践・研究所」
月額制の参加型オンラインサロンです。

国の境目もなくなり、国を跨いで生活することや、仕事をすることも普通になり、ビットコインなどの暗号通貨が誕生し、お金の在り方まで変わりつつある現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。

新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。
是非ご参加ください。詳細・ご入会は、こちらから。

お問い合わせ・ご依頼は、こちらから。
junbhirano.lab@gmail.com