EOS

EOSが提案する新しいブロックチェーンの形式。仕組みからガバンスモデル、彼らのビジネス的アプローチまで分解し、EOSを理解する。

d10n labでは、EOSについてのレポートを配信しました。

EOSは、汎用性の高いスマートコントラクトプラットフォームであり、そのコンセプトはEthereumに近いです。

約1年に渡るICOを実施し、4000億円を超える金額を調達、2018年6月にメインネットをローンチしました。

Ethereumを上回るブロックチェーンになるのではという期待もされており、EOSの支持者はEOSを「Ethereum Killer」とも呼びます。
そして、EOSは実際にそのエコシステムの拡大速度は凄まじいものがあります。

しかし、その処理能力に対して分散性を捨てているという意見も少なく、「EOSはパブリックブロックチェーンとは呼べない。」という声も少なくありません。

とはいえ、EOSは、新しく提案されているひとつのブロックチェーンの形式として、非常に興味深い事例ですし、今後さらに影響力を増す可能性も十分にあります。

EOSについて海外での盛り上がりに反して、日本語で網羅性が高い情報がない状況であり、本レポート執筆と合わせてリサーチを行いました。
本レポートでは、仕組み、ガバナンスモデルから、関係者まとめ、彼らのビジネス的なアプローチ、懸念と将来性の考察など、EOSについて重要な事項を網羅します。
また、急速に存在感を増したEOSの躍進には、どのような力が働いているのかについても、しっかり分析をしていきます。

はじめに。EOSとは

EOSは、2017年6月にホワイトペーパーが公表され、1年後、今年にメインネットがローンチしたブロックチェーンです。
なお、執筆時点において、EOSに関してのホワイトペーパーは、EOS.IO Technical White Paper v2
( https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md )を参照すると良いでしょう。

サードパーティーやユーザーはEOSの上で、DAppsやブロックチェーンに関連をするアプリケーションを動かすことができ、スマートコントラクトの記述ができます。

EOSの特徴は、処理能力の高さであり、スケーラブルなブロックチェーンであるという点で、ブロックタイムは0.5秒で秒間数百万のトランザクションを処理できるプラットフォームであるとしています。
ビットコインが秒間7件、Ethereumが秒間30件であることに対して、処理能力が高くなっていますが、当然、それはなにかしらのトレードオフのうえに成り立ちます。
具体的には、EOSのブロックチェーンは21の少数のノードがバリデータとなり、運用されます。

このノードの選出方法は後述しますが、この点が批判される点でもあり、EOSがビットコインやEthereumなど馴染みがあるブロックチェーンと異なるところだと言えます。
加えて、EOSは、ユーザーはトランザクション手数料が無料です。
とはいえ、これも確かにユーザーがトランザクションを行う際、たしかに無料であるのですが、ブロックチェーンにおいて、その利用料が完全に無料ということはあり得ません。
そのコストを裏で負担している仕組みはありますので、これは後ほど後述します。
EOSは、一言で言えば、

「安くて(無料)・早い・スケーラブルなブロックチェーン」です。

しかし、これまでも数々のプロジェクトが安くて早いスケーラブルなブロックチェーンを目指してきましたが、それらの多くが姿を消すか、注目が冴えない中、EOSが躍進を遂げていることは、それなりの理由があり、それらはレポート中で分析を深めていきます。

コンセンサスアルゴリズム・DPOS

EOSが、その処理速度を可能にしているのは、コンセンサスアルゴリズムにBFT-Delegated Proof of Stake(以下Dpos)を採用している点です。

BFTは、Byzantine Fault Tolerant(ビザンチン障害に耐性がある)DPoSをアップデートしたコンセンサスアルゴリズムです。
ブロックチェーンは、少数の処理能力の高いコンピュータで運用をしたほうが、全体のネットワークの処理スペックは向上します。
トランザクションが増えてブロックサイズが大きくなっても、ブロックタイムが短くとも、処理能力が高いサーバーで管理されたノードと、整備された帯域幅のノード同士であれば、通信ができます。

しかし、それは、そもそも分散性がないのではという議論も引き続きありますが、この前提のまま、少数のノードでもうまくいくのではないかという仮説にもと設計されたコンセンサスアルゴリズムがDPoSです。
これは通常のPoSの仕組みを応用したもので、通常のPoSは、ネットワークのネイティブトークンをステーキングした人がブロック生成に参加できることに対して、DPoSでは、ネットワーク参加者がネイティブトークンをロックアップして各自が推薦するノードへ投票できます。

そして、その投票によって選ばれるノードが、合計21であり、それらがブロックチェーンの検証を行います。
この21のノードが、EOSのネットワークでは、Block Producersと総称されます。

なお、DPoSというコンセンサスアルゴリズム自体の提案は新しいものではなく、2014年の時点で、BitSharesで提案をされています。
BitSharesのリードデベロッパーは、Daniel Larimerであり、同じくEOSを提案しているのは同一人物で、彼にとってDPoSを大規模なパブリックプロトコルとして使用する初の試みということになります。

しかし、少数の優れたスペックのノードであれば、トランザクションが増えても、ブロック伝播できるという点についても、これまで彼らがPRをするように数十万、数百万のトランザクションが実際に運用された実績はなく、本当にそれでも問題がなく、トランザクションを処理できるのかについては疑問の余地があることは注意しておくべき点だと言えます。

21のノードで管理されるブロックチェーン、バリデーターとして選出されるBlock Producers

21のBlock Producersは、投票で得られた票数割合をもとに、ブロック生成をする権利を得ます。
このノードは21ブロック毎に変化して、その変更は、トークンホルダーの投票によって行われます。

ブロック生成におけるブロックリワードを、Block Producersは受け取れます。
EOSは、年間5%インフレします。

来年以降に、Block Producersによる投票決議により、インフレ率は変更になる可能性はありますが、現時点において5%のうち1%のインフレ分に関しては、Block Producersに毎日支払われます。

残りの4%は、ワーカープロポーザルシステムに分配され、EOSのネットワークに貢献をした人へのリワードになります。
ワーカープロポーザルシステムについては後ほど後述します。

現在、8月時点において、Block Producersは、各ノードが得ている投票数によりますが、おおよそ3500-5000ドル分の収益を得ているBlock Producersが多い状況です。

(こちらのエクスプローラーを参照: https://bloks.io/ )

ざっくりですが、現時点の相場と環境で、一ヶ月$150000(約1700万円)程度を、稼ぐプレイヤーがいると考えて良いでしょう。

とはいえ、この各Block Producersは、ブロックを高速で伝播するためのサーバー設備を投資しており、今後EOSのプラットフォームの利用頻度が高くなればなるほど、その設備の必要スペックも上がり、設備投資にかかる費用も大きくなります。

しかし、EOSプラットフォームがより利用されるときには、EOSトークンの価値も高くなっていると期待されているため、少なくとも現時点においてあまり深刻視はされていません。
また、前述をしたように、Block Producersは投票で選ばれる仕組みです。
自身で大量のEOSトークンを持っていれば、それも投票権として利用できますが、通常、それだけではBlock Producersに選出をされなく、やはり誰かに投票をしてもらわなければなりません。

そうすると、Block Producersになりたいプレイヤーは、
「自分がBlock Producersになったら、エコシステムのためにこんなことをする」
「投票をしてくれたら金銭的リワードが与える」

など様々な選挙活動を行います。

この点で、DPoSは民主主義的思想から成り立つシステムです。
このBlock Producersは、ネットワークでの方針を決める様々な投票権も持ちます。

また、EOSでは、プロトコル自体の方針をBlock Producersの間で、再度投票をします。
EOSのソフトウェアのアップデートは、Block Producersに委ねられるということです。

その点ではEOSの仕組みは、間接民主制的なシステムだと言えます。
このように投票によって選ばれる少数のノードによってバリデートされ、高い処理能力を実現をすることがEOSのオーバービューだと理解すると良いでしょう。

d10n labで配信をしたレポート全文では、さらにEOSを深く概観していきます。
おそらく執筆時点でEOSを概観した日本語のレポートとして、最も網羅性の高いものになっているかと思います。

目次
ーEOS概要
■はじめに。EOSとは
■コンセンサスアルゴリズム・DPOS

■21のノードで管理されるブロックチェーン、バリデーターとして選出されるBlock Producers
■手数料無料のブロックチェーンの実態
■ユーザーフレンドリーを目指したブロックチェーン

ーガバナンスモデルをより精査する
■EOSガバンス、コア仲裁フォーラムECAとは。その是非。
■Worker Proposal System
■ICOの形式、1年間に4000億円を集めたICOはどのように行われたか
■DPoSの良い点と悪い点

ーEOSを取り巻く人物や投資家
■EOSの中心人物、Daniel Larimerとは
■EOSを支持する特に著名な企業や投資家
■EOSがエコシステムを拡充させるために行なっているビジネス的アプローチ

ーEOSでのアプリケーション、開発
■EOS上ですでに動いているアプリケーションやツール一例
■バーチャルマシンの互換性

ー俯瞰してみるEOS
■EOSのメリット、EthereumにはないEOSの利点
■EOSの課題、今後予想される問題
■「EOSがパブリックブロックチェーンではない」という論の妥当性、EOSとは何か
■EOS総論

(続きは、d10lab研究所サロンに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の500本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS