DeFi

Ethereum上のMoney MarketプロトコルのCompound Protocolを概観する。

 

d10n Labでは、Ethereum上のMoney MarketのプロトコルのCompound Protocolを概観するレポートを配信しました。

Compound Protocolの概要

公式サイト: https://compound.finance/
Compound Protocol App(公式のwebインターフェイス): https://app.compound.finance/
ホワイトペーパー: https://compound.finance/documents/Compound.Whitepaper.v02.pdf
GitHub:https://github.com/compound-finance

Compound Protocolは、2018年8月にローンチをしたEthereum上で稼働をするMoney Marketのプロトコルです。

Money Marketとは、一般的に短期金融市場、短期資金を流動するための市場です。
つまるところ、短期資金の貸出と借入の市場であり、Compound Protocolは、これをスマートコントラクトで行います。
ユーザーは、特定のサードパーティーを信頼する必要なしに、任意のETHやERC20トークンを貸出して利息を得ることが出来ます。
または、ユーザーは、任意のETHやERC20トークンを借入をして、借入したトークンを売却・使用・さらに貸出、などをすることが出来ます。

Compound Protocolは、Ethereum上で稼働するプロトコルにあたり、サードパーティーのサービスは、Compoundのスマートコントラクトにアクセスをしてインターフェイスを提供するようなものが複数存在しています。
つまりパブリックチェーン上に存在するミドルウェアプロトコルという位置づけで、dYdXやDharma Protocol、0xなどと同じようなレイヤーにあたると捉えて良いでしょう。
Compound Protocol App( https://app.compound.finance/ )は、Compound Protocol チーム自身が作っている公式のインターフェイスということになります。

同プロジェクトは、2018年5月に、Bain Capital Ventures、Andreessen Horowitz、Polychain Capital、Transmedia Capital、Compound Ventures、Abstract Ventures、Danhua Capital、Coinbase Venturesから$8.2Mをシードラウンドで資金調達しています。

本レポートでは、同プロジェクトについて概観します。

Compound ProtocolによるMoney Market

Compound Protocolは、レンディングプラットフォームとも言えますが、一般的なレンディングプラットフォームのように、貸し手と借り手をマッチングするようなものではありません。
流動性を持つコントラクトアドレスに担保資産を預け、そのコントラクトアドレスに預け入れをすれば利子を得ることが出来、逆にそのコントラクトアドレスから借入を行う場合、利子を支払うというものです。

この貸出と借入を行う際の利息は、そのときの需要によって上下します。
貸出の際に利子を貰えることはシンプルです。
借入の場合は、どのようにすれば良いかというと、他の資産をこの流動性プールとなるコントラクトアドレスに預ける必要があります。
その預けた資産を担保として、借入することが出来ます。

執筆時点において、Compound Protocolは、最低担保比率は150%であり、つまり、15,000円のETHを担保にすることに対して10,000円分のZRXなどを借入するということが出来ます。
担保資産の価格変動によって、担保維持率が150%を下回ると、スマートコントラクトによって、担保資産は没収されます。
このため、実際には少なく見積もっても、200%程度は維持率を確保しておくことが一般的です。

こういった基本的な設計のアイデアは、MakerDAOやdYdXなどとほとんど同じようなものであると捉えて良いでしょう。
MakerDAOやdYdXなどのプロジェクトに関しては、過去にd10n Labのレポートで配信をしているので、まだこれらの仕組みを知らない方は先にそちらを読み進めた上で本レポートに目を通されると良いでしょう。

RELATED POST
Ethereumの分散型金融で広く利用がされ始めているDAIと、その裏側のMakerDAOの仕組み、ガバナンスの考察d10n Labで配信をしたレポートでは、Ethereumの分散型金融で広く利用がされ始めているDAIと、その裏側のMakerDAOにつ...
RELATED POST
Ethereum上のマージン取引・デリバティブのプロトコルのdYdXを概観する。出来ること・仕組み・リスク。d10n Labでは、Ethereum上のマージン取引・デリバティブのプロトコルのdYdXを概観するレポートを配信しました。 前提、d...

 

大まかには、上記のような手法でスマートコントラクトによる貸出と借入が実現されています。

d10n Labで配信したレポート全文では、Compound Protocol についてより詳しい仕組みやアーキテクチャ、ガバナンスについて解説しています。

目次
*Compound Protocolの概要
*Compound ProtocolによるMoney Market
*Compound Protocolのアーキテクチャ
*Compound Protocolの利用方法
*Compound Protocolのガバナンス
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。