その他のパブリックプロトコル

トランザクション性能と分散性の両立を目指すスマートコントラクトブロックチェーンIOSTの概要

d10n Labでは、レポート「トランザクション性能と分散性の両立を目指すスマートコントラクトブロックチェーンIOSTの概要」を配信しました。

前提

本レポートでは、新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTの概要について解説をします。

IOSTは、トランザクション性能と分散性の両立を目指す1stレイヤーのブロックチェーンです。
IOSTは、Internet of Services Tokenの略称です。
2019年2月にメインネットがローンチをした中国出身のチームによるプロジェクトです。
多くのBFT-DPoSなどのコンセンサスアルゴリズムを採用するブロックチェーンは、ネットワーク内に数十から数百のノードに数が限られることは周知の通りです。
これらはEOSやNEOなどに代表されますが、IOSTはより分散化されているブロックチェーンの設計を試みます。
高いトランザクション性能を維持しながら、多くのノードが参加し、ネットワークの集権化もしないようにしたいという目標と課題認識は、Algorandと同様です。
ただしその実装アプローチは異なる点も多いです。
本レポートでは、IOSTの概要・アーキテクチャ・トークンディストリビューションなどについて触れます。

サイト:https://iost.io/
ホワイトペーパー:https://iost.io/iost-whitepaper/

レポート全文では下記について扱っています。

目次
*前提
*コンセンサスアルゴリズム・Proof of Believability (PoB)
*IOSTの技術的特徴・シャーディングやランダムネスなど
*IOSTのトークンディストリビューション・資金調達
*IOST上のアプリケーション
*チーム
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。