Dapps

DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragonの概要・仕組み・課題など

d10n Labでは、「DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragonの概要・仕組み・課題など」のレポートを配信しました。

DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragon

本レポートではAragonについて概観します。
Aragonは、Ethereum上で、DAO(Decentralized Autonomous Organization・分散自律組織) を構築するフレームワークです。
DAOとは、「Decentralized Autonomous Organization」の略語であり、日本語では「分散自律組織」などと呼ばれます。
多くのブロックチェーンで分散性を志向する多くのプロジェクトは将来、自身の組織やプロジェクトチームをDAO方式に移行することを目指しています。
DAOは、特定の管理者や主体を持たない分散型の組織です。
明確かつ詳細な定義は曖昧ですが、多くの場合は、予め決めた組織のルールを、スマートコントラクトによって組織の意思決定や紛争を解決できるコードによってプログラマブルな、組織フレームワークだと認識されます。

これを実現するには様々な取り決めが必要ですが、特に重要なものとしては主に下記です。

1.DAO内での意思決定、投票方法はどのようにするか
2.DAO内でのメンバー間での紛争などがあった場合にどのように対処をするか
3.DAOが保持する資金を管理する方法など

Aragonは、主に上記のものを作るフレームワークです。
これによって、例えば筆者が何かプロジェクトを立ち上げたり、その他のプロジェクトは、Aragonのシステム(Aragon Core)を使用してDAOを構築できるようになります。
また、このAragonそれ自体もDAOで運営されています。

Aregon Webサイト: https://aragon.org/
Aragon ホワイトペーパー: https://github.com/aragon/whitepaper

チーム・アドバイザー

Aragonは、Luis CuendeとJorge Izquierdoの2名の共同創業者が主体になって始まったプロジェクトです。

Luis Cuende (CEO & Project Lead)
Luis Cuendeは、1993年生まれで執筆時点で25歳のスペイン出身の起業家です。
幼い頃からLinuxを触り、17歳には欧州委員会のデジタル戦略のアドバイザーに就任をするという略歴を持ちます。
その後、Stamperyというタイムスタンプを利用したスタートアップを創業しており、ForbesやMIT Tech reviewなどで「30歳以下の最も優秀な起業家」に選出をされています。
これらはAragonが始まる以前であり、元々注目される起業家でした。

Jorge Izquierdo( Technical Lead )

Jorge Izquierdoはテクニカルリードで、同じくミレニアル世代の天才肌であり、Thiel fellowshipを採択されたり、 15歳のときにWWDC scholarshipをAppleから受け取るなどの経歴を持ちます。

アドバイザー
Jake Brukhman(CoinFund 共同創業者)
Kenny Rowe(MakerDAO 共同創業者)
Brayton Williams (Boost Capital パートナー)
Mihai Alisie(Ethereum共同創業者)

Aragonの独自トークンであるANT

Aragonには独自トークンであるANTが存在します。
ANTは、基本的にガバナンストークンです。
Aragonは上述の通りAragon CoreというDAO作成のフレームワークを作るプロジェクトですが、これを作るAragon Network自体もDAOであり、そのガバナンストークンがANTです。
このガバナンストークンを用いた投票で、例えば、資金を何に使うか、Aragonが今後どのような機能を作るか、トークンのユティリティー自体の設計変更について、意思決定に参加することができます。
ANTは、ERC20であり、2017年5月にパブリックでICOで売出しされ、約15分で$25Mを調達しています。
パブリックで行われたICOの前に、プレセールが行われており、ICO価格より20%ディスカウントで販売されました。
ICOに参加をした投資家には、Placeholder、CoinFund、ICONOMI、ShapeShiftなども含まれています。
プレセールの参加者は6ヶ月間のロックアップ期間が設けられました。

d10n Labで配信したレポート全文では、Aragonについての概観、執筆時点での最新のアップデートを解説しています。

目次
*DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragon
*チーム・アドバイザー
*Aragonの独自トークンであるANT
*Aragonを構成する組織構造・団体
*Aragon Coreの使い方、実際にDAOはどのように作れるのか
*(将来検討されている実装)DAOで紛争が起きたときに用いられるスマートコントラクト
*(将来検討されている実装)ANTのトークン価格調整メカニズム
*ANTに対する考察
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。