取引所

新興取引所BitMaxの概要。2019年に最も価格を上げた取引所トークンの仕組みやインセンティブ設計

d10n Labでは、レポート「新興取引所BitMaxの概要。2019年に最も価格を上げた取引所トークンの仕組みやインセンティブ設計」を配信しました。

前提

本レポートでは、新興取引所のBitMax(参照:https://bitmax.io/ )の概要の解説、および同取引所のトークンのBTMXの設計に焦点をあてます。
2018年から2019年にかけて多くの取引所トークンがその価格を上げました。
取引所トークンは、取引手数料のキャッシュフローと間接的、または直接的に結びつく資産性が高い設計になっていることが多く、注目されています。
暗号通貨のユースケースで既に実証されている確かなものは投機・トレードであり、取引所トークンはその需要を大きく享受します。
2019年にはほとんどの取引所トークンが高騰しましたが、その中でも最も価格を上げた取引所トークンはBitmaxという取引所のトークンです。
この新興取引所のトークンBTMXは年内の価格パフォーマンスはBNBすら上回っています。

BitMaxの概要

まず、BitMaxの概要について取り扱います。
同取引所は、2018年7月にローンチしました。
創業者兼CEOは、George Caoという中国人で、登記地はシンガポールです。
BitMaxは、自社のことを「The Third-Gen Digital Asset Trading Platform (第3世代の取引所)」と表現しています。
George Caoによると、第1世代はPoloniexやHuobi、BinanceなどのCrypto-Cryptoの取引所、第2世代はトレードマイニングというモデルを提唱したFCoinなどであるとしています。
第3世代の取引所は、第1世代のと第2世代の良い点を全て取り入れ、さらにreverse-mining(以下リバースマイニング)という手法を開発した自社BitMaxであると主張します。
reverse-miningについての詳細は後述しますが、同取引所トークンのコアとなる仕組みとなっています。
トレードマイニングとは、トレードをすればするほど、そのユーザーに取引所のトークンが配分されるというモデルです。
BitMaxは、トレードマイニングとリバースマイニング2つの方法を両方とも取り入れています。
やや1年前の古いレポートではありますが、トレードマイニングを最初に提案したFcoinなどのモデルは下記で網羅しています。

RELATED POST
取引所トークンを俯瞰する。Binanceモデルからからトレードマイニングまでを整理をして、それぞれの妥当性を検証する。d10labでは、「取引所トークンを俯瞰する。Binanceモデルからからトレードマイニングまでを整理をして、それぞれの妥当性を検証する...

筆者は、Fcoinのトレードマイニングを上記の2018年のレポートで機能しないトークンモデルであり、改良が必要であると述べました。
BitMaxは、実際にトレードマイニングを元に改良を行った取引所です。

今回のレポートでは、その仕組みやインセンティブ設計を概観します。

目次
*前提
*BitMaxの概要
*トレードマイニングとリバースマイニング
*BTMXトークンの設計・ディストリビューション
*Data Usage Fee Pool
*取引所としてその他の施策や特徴、Binanceなどとどのように競合をするか。
*BTMXトークンの設計・ディストリビューション
*BitMax取引所やトークンについて筆者考察
*総論
*参照リンク

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。