未分類

Kadenaの概要。パブリックとコンソーシアムのいずれも提供するハイブリッドブロックチェーン。

d10n Labでは、レポート「Kadenaの概要。パブリックとコンソーシアムのいずれも提供するハイブリッドブロックチェーン。」を配信しました。

前提

本レポートでは、Kadenaの概要を解説します。
Kadenaはパブリックブロックチェーンとコンソーシアムブロックチェーン(またはプライベートブロックチェーン)のいずれも提供するスマートコントラクトプラットフォームです。
KadenaのパブリックブロックチェーンはPoWで稼働しますが、それらはコンソーシアムブロックチェーンや様々なブロックチェーンとインターオペラビリティを実現します。
特に企業向けの利用を想定しており、形式検証が可能なスマートコントラクト言語を持ち合わせていることなどが特徴となります。
JPMorganでブロックチェーン関連のR&Dを担当していたメンバーが2016年に創業をしました。

Kadenaというプロジェクトはパブリック、コンソーシアムのいずれも提供することは既に述べましたが、Kadenaを構成する要素はおおよそ以下のようになります。

・Kadena(パブリックブロックチェーン)
・Kadena Kuro(エンタープライズブロックチェーンフレームワーク)
・Pact(スマートコントラクト言語)
・Kadenamint(COSMOS SDK向けのVMモジュール)

本レポートでは同プロジェクトの全体理解を目的としています。

サイト:https://www.kadena.io/
GitHub:https://github.com/kadena-io/
ホワイトペーパー:https://www.kadena.io/whitepapers

目次
*前提
*Kadenaパブリックブロックチェーン
*Kadena Kuro(エンタープライズブロックチェーンフレームワーク)
*Pact(スマートコントラクト言語)
*Kadenamint(COSMOS向けモジュール)
*KDAトークン、トークンディストリビューション
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。