DeFi

Uniswapの概要。Ethereum上で急速に存在感を高めたDEXの仕組み、インセンティブ設計。

d10n Labでは、「DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragonの概要・仕組み・課題など」のレポートを配信しました。

Uniswap概要

本レポートでは、Uniswapの概要、仕組みについて解説をします。

公式サイト: https://uniswap.io/
ホワイトペーパー:https://hackmd.io/C-DvwDSfSxuh-Gd4WKE_ig
GitHub:https://github.com/Uniswap/uniswap-frontend

Uniswapは、Ethereum上で稼働をするDEXでしっかりとした取引ボリュームを伴いながら、存在感を高めているプロジェクトです。

2018年10月にDevconにて発表されたプロジェクトです。
Uniswapは、ファンドや株主は存在しなく、Ethereum Faundationからの$100Kのグラントのみで成り立ち、ほとんど唯一のピュアなDEXであるという評価もあります。

Uniswapを簡略的に述べるならば、インスタントDEXであり、BIdとAskがある板トレードではなく固定レートでの即時交換を提供するプロトコルです。
Uniswapでは、特定の二者間の交換をマッチングするようなモデルではなく、コントラクトアドレスに不特定多数がプールしたトークンを交換できるようにします。

コントラクトアドレスを流動性プールとして利用して、誰でもそこに在庫(流動性)の提供をすることができ、また誰でもその在庫にアクセスができ、トークンをスワップすることが出来ます。
流動性プールに在庫を提供すると、交換手数料が流動性提供者に分配されるというインセンティブ設計が用いられています。
この在庫提供は、任意のトークンとその価値分のETHを必ず2つセットでプールに入れ、ETHをUniswap上のブリッジ通貨にしています。

詳細な設計と合わせ、後述をしますが、流動性プールの仕組みはKyberNetworkから、価格決定メカニズムはBancorからの影響を強く感じ取れます。

d10n Labで配信したレポート全文では、広くUniswapを概観します。

目次
*Uniswap概要
*Uniswapの仕組み(ETH<>ERC20の交換)
*Uniswapの仕組み(ERC20<>ERC20の交換)
*KyberNetworkとBancorからそれぞれ受けている影響
*Uniswapの拡大スピード、背景
*エンドユーザーが、流動性を提供するメリットとリスク
*Uniswapはプロトコルかアプリケーションか
*Uniswapを利用したLiquid airdropsのアイデア
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。