証券トークン

日本国内におけるSecurity Token(証券のトークン化)における現状・課題、およびその課題に対するアプローチ

d10n Labでは、レポート「日本国内におけるSecurity Token(証券のトークン化)における現状・課題、およびその課題に対するアプローチ」を配信しました。

 

前提

本レポートでは、日本国内におけるSecurity Token(証券のトークン化)における現状・課題の解説を行います。
これまでd10n Labでは過去に、Security Token関連のレポートを多数配信しており、一例として下記のようなものがあります。

RELATED POST
不動産のトークン化をパブリックブロックチェーン上で行うRealTの概要、実装、法的スキームまでd10n Labでは、レポート「不動産のトークン化をパブリックブロックチェーン上で行うRealTの概要、実装、法的スキームまで」を配信し...
RELATED POST
2019年8月-9月のSecurity Token関連での注目の動向。規制されたトークンセールが完了と今後の懸念/Security TokenによるIPOなどd10n Labでは、「STO・Security Tokenの2019年上半期時点での現状。バズワードから現実へ。」のレポートを配信しま...
RELATED POST
STO・Security Tokenの2019年上半期時点での現状。バズワードから現実へ。d10n Labでは、「STO・Security Tokenの2019年上半期時点での現状。バズワードから現実へ。」のレポートを配信しま...

しかしながら、日本国内に焦点を当てたものはこれまで配信しておらず、本レポートでは網羅的に触れることにします。
HashHubでは、複数の事業者とSecurity Tokenについて検討しており、筆者が業務を通して得た、日本国内のSecurity Tokenの展開に関する一般的な知見をお伝えする形となります。
いかなる法的なアドバイスではないことと、本レポートで触れているトピックは弊社の個別案件を示唆するものではないことを事前に免責しておきます。

目次
*前提
*日本国内におけるSecurity Tokenの基本概要
*日本国内におけるSecurity Token関連のプレイヤー・事例
*Security Tokenを日本で展開することの最大の課題である二次流通市場の構築について
*Security Tokenによって流動性は本当に上がるのかどうか
*総論

本投稿はd10n Labで配信をしたレポートを転載したものです。

d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。(入会はこちらから)

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。