バリデータプール

差別化が難しいステーキングサービスにユニークな機能の実装を試みる事例、Stake Capital

d10n Labでは、レポート「差別化が難しいステーキングサービスにユニークな機能の実装を試みる事例、Stake Capital」を配信しました。

前提

本レポートでは、差別化が難しいステーキングサービスにユニークな機能の実装を試みる事例を解説します。ステーキングサービスとは、COSMOSやTezosなどのノードを運用し、トークンを保有するユーザーからデリゲート(委任)を受付けて、ユーザーが得るステーキング報酬の一部から手数料収入を得るモデルです。ステーキングサービスについてより詳しい背景解説は下記のレポートで行っています。

RELATED POST
これから出来るProof of Stakeの経済圏、その周辺のビジネスレイヤー、その考えうる影響などの考察d10n Labでは、これから拡大していくであろうProof of Stakeの経済圏、その周辺のビジネスレイヤー、考えうる影響などを考...

このようなサービスは、これからPoSのブロックチェーンが増加することから大きな市場が生まれることが想定できながらも、同様のステーキングによる報酬配布をCoinbaseやBinanceなど大手取引所も開始を始めています。このことからステーキングに特化した企業のサービスが、取引所との差別化を図ることが難しくなることが今後予想されます。
そういったステーキングサービスはどのように差別化をし、ユニークな点を作るか、その事例になりえる企業がStake Capital(参照:https://www.stake.capital/ )であり、本レポートでは、同社の事例を解説します。

目次
*前提
*営利企業にDAOの要素を持ち込むStake Capital DAO
*ステーキングしているトークンに流動性を持たせるLTokens
*総論

d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。(入会はこちらから)

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。