STO

STO・Security Tokenの2019年上半期時点での現状。バズワードから現実へ。

d10n Labでは、「STO・Security Tokenの2019年上半期時点での現状。バズワードから現実へ。」のレポートを配信しました。

前提

STO・Security Tokenという言葉がバズワードになってから久しいです。
証券をブロックチェーン上のトークンにしたもの、あるいは証券に転換を出来る権利をトークンを総称するものとして扱われ、特に米国で投資が活発な領域です。

STO・Security Tokenの基礎情報については、過去に下記のようなレポートで解説をしていますので、前提とする領域概要について本レポートで扱うことはしません。

RELATED POST
証券型トークン・セキュリティトークン概況。4つの主要関連プロジェクトの概要紹介やトークンモデルなど。研究所サロンでは、CoffeeTimesさんによる寄稿で、「証券型トークン・セキュリティトークン概況」のレポートを配信しました。 最近...

本レポートでは、その上で、STO・Security Tokenの2019年上半期時点での現状について概観を行います。
STOのプロジェクトが多くの資金調達を実行していた時期が2017年後半から2018年上半期であり、2019年の今、それらのプロジェクトが自身のSTOプラットフォームやプロダクトをローンチしている例が出始めています。
それらと同時に、そのプラットフォーム上で実際にSecurity Tokenをプライマリーで販売したり、セカンダリーの取引が始まっている事例が出始めています。

これらの売出しや売買は、各国の証券法に基づいた規制によって行われ、とりわけ米国では米国適格機関投資家の保持者のみに売り出しされることが多いことから、現在のSTOマーケットの現状は、一般に中々伝わっていない側面があります。
本レポートではその点の概観を進めます。

2018年内に実施されたSTOの統計と概要

2018年内に実施されたSTOの統計が調査企業のINWARAからレポートが出ています。

(参照:https://drive.google.com/file/d/1Qbn5hz00x7sP8afnBPZ3SHw2HmjmgwMB/view?fbclid=IwAR3L8KVLhSYHtreOHV3zQSHxdftV-pZXX9BSRTY1wL9zYvlJ_-0LLoj-UzI )

それによると、2018年内には300以上のSTOが実施されたとされています。

資金調達金額は大きな案件から順に下記のようになります。
tZero $136M調達
NeLunes $134M調達
Hedera Hashgraph $124M調達

同レポートによると、現状のほとんどのST(68%)はEthereum上でERC20トークン規格で行われています。
続いて23%のSTが、ST20のトークン規格を使用しているとされています。


ST20はPolymathによって提案されているSecurity Tokenの規格です。
今後、こういったSecurity Tokenの規格にシフトしていく可能性は高いと見られますが、現時点においては、証券に専用ではなくとも広く実績があるERC20が最も用いられています。

また、INWARAによると、2018年にSTOを行ったプロジェクトで業界別には、多いほうから順番で下記のようになると言います。
トレードインフラ企業、ITサービス、金融企業、不動産、暗号通貨関連企業の順番です。

d10n Labで配信をしたレポート全文では、Security Tokenの2019Q1時点での概況についてより詳しく解説しています。

目次
*前提
*2018年内に実施されたSTOの統計と概要
*株式以外のSTOの実施済み事例(不動産、アート、VCファンド、社債など)
*Security Tokenのセカンダリーマーケット
*Security Tokenのスマートコントラクト
*一部のプレーヤーによるSecurity Token領域での規制のアービトラージによる出来高増加期待
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。