国別レポート

主要なアジアの国における暗号通貨取引所、Security Tokenの規制、方向性の概観

d10n Labでは、レポート「主要なアジアの国における暗号通貨取引所、Security Tokenの規制、方向性の概観」を配信しました。

前提

本レポートでは、主要なアジアの国におけるSecurity Tokenの規制、方向性を概観します。
本レポートでは、日本・タイ・シンガポール・香港を概観します。
日本はアジアの中ではGDPが最も大きく、タイは経済規模は中堅ですがSecuiry Tokenに先進的な国であり、シンガポールと香港は金融ハブとして重要なポジションであることから取り扱います。
中国については公開されている限り、現時点でSecurity Tokenの議論は進んでおらず、政府内部で規制が準備されている可能性がありますが、今のところ取り上げるべき有用な情報はありません。
なお筆者は規制の専門家ではなく、規制の細かな内容については正確性を欠く場合があることを予め免責しておきます。
本稿は各国の大まかな動向を把握して、読者がより深く調べることや興味を得ることを目的にしており、正確な情報やより詳しい内容は現地に精通する弁護士などを当たることをおすすめしています。

目次
*前提
*日本におけるSecurity Tokenの規制、方向性
*タイにおけるSecurity Tokenの規制、方向性
*シンガポールにおけるSecurity Tokenの規制、方向性
*香港におけるSecurity Tokenの規制、方向性
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。