書評

ビットコイン好きに勧めたい、「貨幣・歴史・サイファーパンク」に関する書籍10選

ビットコインや暗号通貨に興味を持っている人の多くは、恐らく資産を増やすための投資的側面に惹かれた人も多いと思います。
それは、健全な理由だと思いますが、もし相場や最新の技術トレンドの情報を追うことに疲れたら、ぜひ、貨幣の歴史や、サイファーパンク的なカルチャーに触れてみてはいかがでしょうか。

というのも、そういった分野は、暗号通貨の未来を考えるのにも密接に関わります。

ビットコインや暗号通貨の世界をもっと深く考えるきっかけにもなると思う。

もし、相場に消耗している人は、とりあえず期待値が高いポートフォリオを1度組んで、たまには放っておくのも良いかもしれません。
そうして捻出できた時間で読むと面白い、貨幣・歴史・サイファーパンクの本を紹介します。

自分が、この1-2年に読んで、面白かったものをリストしてみました。

読むと、きっともっと暗号通貨が面白くなります。

貨幣の新世界史

エンデの遺言

エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)
河邑 厚徳 グループ現代
講談社
売り上げランキング: 14,718

世界はすでに破綻しているのか

世界はすでに破綻しているのか? (集英社ビジネス書)
集英社 (2014-12-05)
売り上げランキング: 77,989

帳簿の世界史

帳簿の世界史 (文春e-book)

帳簿の世界史 (文春e-book)

posted with amazlet at 17.11.11
文藝春秋 (2015-05-15)
売り上げランキング: 5,537
など、国家とお金を考えるには興味深い本です。

マネーの進化史

マネーの進化史 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ニーアル・ファーガソン
早川書房
売り上げランキング: 179,761
保険の発明、ヘッジファンドの興隆などを考察した書籍になっています。

世界の権力者が寵愛した銀行

お金の流れで探る現代権力史

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる
KADOKAWA / 中経出版 (2016-12-09)
売り上げランキング: 33,504
戦争、資源闘争、内戦、国際協定から、近代〜現代史を追った本です。
ちなみに、これはシリーズ本で、お金の流れで見る歴史という本をがいくつか出ています。

暗号化 プライバシーを救った反乱者たち

暗号化 プライバシーを救った反乱者たち
スティーブン・レビー
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 463,328

21世紀の歴史

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界
ジャック・アタリ
作品社
売り上げランキング: 5,120
僕自身は、18歳くらいのときに読んで、もしかしたら最も影響を受けた本の1つかも知れません。

 最後に

いかがでしたでしょうか。
よろしければ、こちらもご覧ください。

https://junyahirano.com/archives/1357

https://junyahirano.com/archives/1669


今、僕たちは、仕事や働き方はもちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くために、Facebookの非公開グループで会員制コミュニティ「世界で生きる実践・研究所」を運営しています。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。ぜひ、お気軽にご参加ください

FOR MORE DETAILS