取引所

Binanceはどのようにして世界最大の取引所になったか。人類の産業史で最も早く成長した企業の研究レポート。

運営中の研究所サロンでは、数回にわけて、世界最大規模の取引所であるBinanceを研究していきます。

しばらく前から、同取引所についてはしっかり研究したいと思っていました。

というのも、同取引所の紹介は、インターネット上に多々あれど、僕が知りたいレベルでのまとまった情報の整理や、分析はこれまで行われませんでした。

本レポートでは、同取引所のこれまでの歴史や、CEOなどの関係者、戦略の考察、Binanceトークンの整理、そして同社がこれから何を目指してるのかを推察していきたいと思います。

あわせて読みたい
Binanceが設立わずか半年で世界最大規模の暗号通貨取引所になった理由を考える。香港を拠点にした取引所のBinanceがアルトコインの出来高で世界最大規模まで急成長しています。 2017年7月にオープンをしたば...

取引所Binanceの圧倒的な特殊性、CoinbaseやBitflyerとの比較

2017年7月にオープンをしたBinanceは、設立1年に満たず、アルトコインで世界の最大の取引所となりました。

同取引所は日本のユーザーも恐らく多いことだろうと思います。

世界でも影響力のある取引所は、他にも、Coinbase、Bitflyer、Bitmexなどありますが、Binanceはこの中で最も特殊だと僕は思います。

というのも、例えば、アメリカ最大の取引所であるCoinbaseは、自社を“暗号通貨業界におけるゴールドマン・サックス”と読んでいます。

そして同社の資金調達先は、シリコンバレーのテック系のVCやエンジェルのみならず、ニューヨーク証券取引所などの金融系、三菱UFJなど日本のメガバンクからも参画を纏めています。

つまりレガシーの金融業界と協調したうえで、地位を固めていこうとしています。
そして、取り扱う銘柄については、慎重に時間をかけて選定し、彼らの厳しい基準にあった通貨だけを扱うという方針で、未だに、BTC、ETH、LTC、BCHのみしか同社は上場させていません。(2018年5月現在)

これは、BitFlyer社も似たようなところがあります。

そして、Coinbase社は、現在SECと認可や今後の規制の枠組みなどについてSECと協議を進めている他、同社内には、コンプライアンスチームが約100名いるといいます。
この点もBitflyerと似ており、Bitflyer社は、日本の金融庁と長年にかけてやり取りを行ってきました。
これを途中でないがしろにしてしまう事業者も多い中、日本の業界で、金融庁とのやり取りを3-4年もの間、丁寧に進めたうちの1社がBitFlyerでした。

Binanceは、こういったCoinbaseやBitFlyerの動きとは、対極に当たります。

というのも、同社の資金調達は、金融機関を巻き込んだ資金調達はおろか、ICOでパブリックに行い、また、各国でライセンスをとることはしていません。
つまり、それを支持するかしないかはさておき、無免許営業をして、日本を含む世界中からの投資家・顧客を集めたことが現在の同社の実態です。

2018年の3月23日、BInanceが、日本の金融庁から警告を受けたことはご存知の通りです。
このあと同社は日本語表記を消して、マルタに本社を置いて現在に至ります。
このことの捉え方は様々ありますが、CoinbaseやBitflyerなどの取引所が長い時間と費用をかけて当局と対話をしている中で、それらを全て迂回しようとしていることは、他の事業者にとって腹が立つのは当然だろうと思います。

Binanceは、人類の歴史上最も早いスピードで成長している企業である

しかし、その後も、Binanceは今もユーザーに支持をされて、世界最大級の出来高を維持しています。
そのような点で、BInanceという取引所はとても特殊です。

最新の数字で、binance の四半期の利益は、 $200M$(約200億円)、従業員 300人 、創業1年で、 ドイツ銀行の四半期の利益 $146M$(約150億円)を上回っています。
ちなみにドイツ銀行は、創業から148年、支店数は2400、従業員は98720人で、これを1年かけず上回りました。
断言できますが、人類の歴史上、最も早いスピードで、創業期のgoogleやFacebookより遥かに早いスピードで現在進行系で成長を続けている企業が、このBinanceです。

これは規制を受けない、グローバルであることが当たり前、ビットコインの思想そのものと言えるような経営の仕方と言えます。
後の章で解説しますが、それがBinanceのCEO、Changpeng Zhao氏(ヂャオ・チャンパン・通称CZ)の思想です。

Binanceは、人類の産業史において、最も早い速度で成長した企業です。
それにも関わらず、その研究は多くされていません。
執筆時点で、本レポートはBinanceに関する研究として、本邦で最も詳しいものになるでしょう。
これまでの象徴的なエピソードを振り返り経営の戦略や、経営者の思想、同社が発行するBNBトークンなど多くのことに触れています。

目次
■Binanceの成長速度の異常性と特殊性
・取引所Binanceの圧倒的な特殊性、CoinbaseやBitflyerとの比較
・Binanceは、人類の歴史上で、最も早いスピードで成長している企業である
・Binanceは何故ユーザーから支持されるのか?
・シェアの拡大方法

■CEOのCZの経歴、思想
・CEOのCZ(ヂャオ・チャンパン) の経歴
・世界で一番忙しい取引所を2回牽引
・マルタへの移転から見る彼の考え方
・CZの暗号通貨への向き合い方

■BNBトークンの設計について
・基本情報
・ICOのでの売り出し、ディストリビューションについて
・Binanceトークンの機能
・BNBトークンの価値の源泉
・Binanceトークンについての評価と考察
・VCのセコイアがBinanceを訴訟、エクイティとトークン

■Binanceの経営についての意思決定/特徴的なエピソード/Binanceレポート統括
・OKcoinを退職後、CZはなぜすぐにBinanceを創業しなかったか?創業までの準備期間
・2017年9月に中国の取引所が禁止に。Binanceが取った反応は。
・必要なリソースはバウンティのように世界中から公募
・Binanceレポートの統括、Binanceの将来について

続きは、研究所サロンに入会してお読みください。

一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の500本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、毎月様々なゲストを呼んで行っている定例放送の過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。


今、僕たちは、仕事や働き方はもちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くために、Facebookの非公開グループで会員制コミュニティ「世界で生きる実践・研究所」を運営しています。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。ぜひ、お気軽にご参加ください

FOR MORE DETAILS