Dapps

ユティリティートークンは価値を説明できるか。2019Q1の最新の状況から改めて考察をする。

d10n Labでは、「ユティリティートークンは価値を説明できるか。2019Q1の最新の状況から改めて考察をする。 」というレポートを配信しました。

前提

2017年には多くのプロジェクトがICOを実施し、その多くがユティリティトークンでした。

ユティリティートークンは、なにか特定のプロトコル・プラットフォーム・アプリケーションに紐づくトークンであり、そのネットワークを使用するには、そのトークンが必要であるというものです。

プラットフォームの利用者、例えばFilecoinでストレージを提供する人は、ストレージが欲しい利用者からFilecoinで料金を支払うというものです。

借り手と貸し手のプラットフォームの利用者は、ネットワークに参加しているFilecoinのステークホルダーです。
そのため、より多くの利用者を呼び込むインセンティブがあり、Filecoinのトークン価値、およびプラットフォームの利用価値を共に上げていくというようなサイクルが起こるだろうと期待して、多くのユティリティートークンはデザインされています。
しかし、多くのユティリティートークンは様々な理由から価値の説明が難しく、2018年後半にはトークンを発行するプロジェクトも純粋なユティリティートークンを発行することは、ほとんどなくなりました。


後述しますが、ユティリティートークンは長期的に価値がつきにくく投資家はリターンを得ることが難しく、そのユティリティートークンの存在がアプリケーションの成長を阻害することもありえます。

ここまでは多くの人にとって周知の通りです。
さて、ユティリティートークンは本当に価値の説明が困難なのか、今後ユティリティートークンは完全に消えていくのかについて、2019Q1の最新の状況から考察を深めたいと思います。

また、本レポートでは、ガバナンストークンやミドルウェアプロトコルと紐づくトークンとの対比も行います。
事前にこちらのレポートを呼んでおくと理解が深まるはずです。

RELATED POST
ブロックチェーンのガバナンスについて。プロトコルを分散的に決定する仕組みとその是非、トークンの評価算定まではじめに。ブロックチェーンのガバナンスモデルとは。 本レポートでは、ブロックチェーンのガバナンスモデルについて考察を深めることをテーマ...
RELATED POST
単一のブロックチェーンの中でどのようなトークンに価値がつくか。ミドルウェアプロトコルはなぜ重要か?本レポートでは、ブロックチェーンのスマートコントラクトプラットフォーム上にあるどの領域に価値が集約をするか考えます。 何故、ミドル...

ユティリティートークンがアプリケーションやプラットフォームの成長を阻害する理由

本題に入る前に、ユティリティートークンがアプリケーションやプラットフォームの成長を阻害する理由について改めて整理をすると下記のようになります。

・あるプラットフォームを利用をするのに、ユーザーが事前に毎回トークンを買いに行かなければいけないのは不便。UXを毀損して利用参入障壁を上げている。BTCやStablecoinで支払えたほうが楽である。

・そのユティリティートークンは価格の変動が激しく、それにより、サービスの対価もトークン建てで変動する。

・サービス提供者(ここでは0xのリレーヤーにしておきます。)は、ユティリティートークン(ZRX)で手数料収入を得るが、彼らは人件費やオフィス代を毎月支払う必要があり、ZRX建てで得た収入を都度換金しなくてはいけない。

0xのトークンモデルについては下記のレポートで解説しています。

RELATED POST
レポート:DEXプロトコルの0xとは。分散型金融を担うプロトコルの仕組み・ZRXのモデル・エコシステム全般・課題本レポートでは、DEX(分散取引所)のプロトコルである0xについて俯瞰します。 現在、この0xを使用して様々なプロジェクトが構築されよ...

こういった点で、ユティリティートークンは本当はないほうがアプリケーションやプラットフォームのためになることの方がほとんどであるとも言えます。

それでもこういったユティリティートークンが存在する理由は、下記に分類されます。

・プロトコルやプラットフォームの開発者が資金調達をするため

・初期ユーザーや初期投資化がプラットフォームを活発に利用し、経済圏を広げるインセンティブになる(と期待されているから。実現事例はあまりない。)
です。

ユティリティートークンの価値説明は何故難しいかを示したフィッシャーの交換方程式の応用

加えて、仮にある程度の経済圏が創出をされたとしても、ユティリティートークンには理論的に価値が非常につきにくいです。
貨幣数量説を応用したユーティリティトークンの理論価格算出方法としては、海外のクリプトファンドのPlaceholderのChris Branskiが提唱をした計算式がよく知られています。

フィッシャーの交換方程式を応用した以下の式です。

MV = PQ
各変数が持つ意味は以下の通りです。

M (Size of the asset base)
対象のネットワークの経済規模
V (Velocity of the asset)
流通速度
P (Price of the digital resource being provisioned)
ネットワークde
提供するサービスの価格
Q (Quantity of the digital resource being provisioned) ネットワークで提供されるサービスの利用回数

上記に基づいてM(マーケット規模)つまりは理論バリュエーションを下記のように求めるというものです。
M=PQ/V

この式に基づくと、結果的にほとんど、というより全てのユティリティートークンは現在理論価格以下ということになります。

それらは経済圏を創出できないから以前に、この中で重要な変数であるVelocity(流通速度)を上げることが非常に難しいからです。

平たく言えば、これがユティリティートークンが投資対象として優れない理由を数式にしたものでした。

さて、ここまではおさらいです。

以上のような理由からユティリティートークンは非常に価値を表現しにくく、投資家も投資を控えるようになりました。

しかし、ユティリティートークンは本当に成立が難しいのか、いくつか存在する例外事例を何故それらが例外として成立するつつあるかを因数分解して理解を深めます。

d10n Labで配信をしたレポート全文では、下記を配信しています。

目次
*前提
*ユティリティートークンがアプリケーションやプラットフォームの成長を阻害する理由
*ユティリティートークンの価値説明は何故難しいかを示したフィッシャーの交換方程式の応用
*最も優良なユティリティートークンと思われたZRXとBATの現在地
*ユティリティートークンとしての特殊事例(BNB)
*ガバナンスとユティリティを兼ね揃えたハイブリットのトークンで成功しつつあるモデル(MKR)、ZRXとの差は何か
*価値がつくユティリティートークンの条件とは何か。その仮説。
*ユティリティートークンがなければプロトコル開発者はどのようにマネタイズをするか?
*総論

(続きは、d10lab研究所サロンに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。