ビジネス・投資

トークンを投資選定・評価算定するにあたり非常に重要な3カテゴリについて。どのようなトークンであれば投資に値するか。

Coinmarketcapを参照すると、そろそろトークンの価値が説明できるものでないと、時価総額の上位にならなくなってきたと感じます。

今後、ちゃんとテックと投資視点を両面で勉強してる人はそうでない人と比べ、比較的に投資リターンは優れていると推測されますが、これから確実にその傾向は強まると予想します。
各クリプトファンドのプロフェッショナルなファンドマネージャーたちは、綿密にプロジェクトの精査と、トークン選定をしていて、投資判断をしています。
そして、そのポジションから業界の資金の流れや一次情報も集まりやすい立場にあります。

RELATED POST
2018年Q2のブロックチェーン業界のお金の流れを俯瞰する。ICOプロジェクトがETHを売却していることは本当か?etc久しぶりにマーケットについての所感を書きます。 1-2ヶ月に一度しか書かない市場観測レポートなので、執筆時点でのマーケットの状況を広範...

暗号通貨の投資もそのような高度な世界に入ってきたので、逆にそれを怠るのならば、BTCのFXだけやってるほうが良いだろうと素直に思います。

このポストでは、あくまで簡易的にトークンのカテゴリとして、
今セカンダリーでトークンの評価算定してポートフォリオに加えるなら最低でも下記の3項目を理解したほうが良いでしょう。

ユティリティートークンが幻滅され、いずれのファンドもそれらには投資はほとんど行なっていませんが、以下のカテゴリのトークンは、その価値が説明できる場合が多く、理解をすべき分野です。

RELATED POST
シリコンバレーで最も影響力の大きい暗号通貨ファンドの投資スタイルと、影響力を強めるCoinbaseマフィア Andreessen Horowitz(a16z)が300億円規模の暗号通貨ファンドを設置 Andreessen Horowitz...

キャッシュフローに基づいた実質的な証券トークン

Security Tokenと言えるかは定義によるところですが、いくつかのトークンは実質的なSecurity Tokenと言えるでしょう。

具体的にはある法人が発行主体であり、その法人の営業活動のうちのあるセグメントにトークン価値が左右されたり、その法人主体の利益が市場の買い戻し
これらに該当するものは、全てではないですが、現状、取引所が発行をするトークンが主です。

RELATED POST
取引所トークンを俯瞰する。Binanceモデルからからトレードマイニングまでを整理をして、それぞれの妥当性を検証する。d10labでは、「取引所トークンを俯瞰する。Binanceモデルからからトレードマイニングまでを整理をして、それぞれの妥当性を検証する...

これらはしっかり現実のキャッシュフローがバックにある価値が説明をできる数が少ないトークンです。
とはいえ、コンプライアンス的には、そのほとんどが非常にグレーな状態で実行されていることは言うまでもなく、リスクディスカウントをしたうえで評価算定・投資判断をするべきだと言えます。

ガバナンストークン

次にガバナンストークンです。
ブロックチェーンのガバナンスについては、過去にこちらのレポートを出しています。

RELATED POST
ブロックチェーンのガバナンスについて。プロトコルを分散的に決定する仕組みとその是非、トークンの評価算定まではじめに。ブロックチェーンのガバナンスモデルとは。 本レポートでは、ブロックチェーンのガバナンスモデルについて考察を深めることをテーマ...

最近、a16z cryptoは、Maker DAOへの$15Mの投資を発表しました。
何故、MKRが価値がつくのか、なぜOSSに紐づくトークンに価値がつくのか、しっかり仮説をたてれないといけません。
非常に重要なテーマです。

ブロックチェーンのガバナンスについて。プロトコルを分散的に決定する仕組みとその是非、トークンの評価算定まで

パブリックプロトコルのネイティブトークン

あとはEthereum以外のパブリックプロトコル
続いて各種新しいスマートコントラクト プラトフォームのネイティブトークンです。

これは説明不要でしょう。

RELATED POST
新興ブロックチェーン(EOS、Difinity等)の知っておくべき競争背景。なぜ今新しいパブリックプロトコルが勃興するのか。本レポートでは、現在起きているパブリックプロトコルの競争を広く俯瞰することを目指します。
数回にわたり配信をする形になりますが、現在注目...

本コラムでは最低限の内容に留めましたが、d10n lab研究所サロンでは、このような動向解説から更に深い業界のビジネス分析、技術解説、その他多くの議論やレポート配信を行なっています。ご興味ある方はぜひご利用ください。

一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の500本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS