暗号通貨マーケット

クリプトヘッジファンドの概観図レポート。 注目される暗号通貨業界のヘッジファンドとは。

本レポートでは、クリプトヘッジファンドについての概観をまとめます。

これまで研究所サロンのレポートでは、クリプトファンドに関するレポートやコラムを複数配信してきました。

RELATED POST
シリコンバレーの暗号通貨・ブロックチェーン事情、現地滞在レポート現在は、サンフランシスコにいます。 主に現地の暗号通貨関連のプロジェクトとのミーティングをしています。 本レポートでは、ベイエリア一...
RELATED POST
米国の主要VCが投資をしている暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトのデータベース研究所サロンでは、indivさんに寄稿を頂き、アメリカのVCが投資をしている暗号通貨プロジェクトのデータベースを配信しました。 そ...
RELATED POST
暗号通貨・ブロックチェーンに特化して投資をする主要ファンドの投資先データベース①研究所サロンでは、indivさんに寄稿を頂き、暗号通貨・ブロックチェーン領域に特化して投資をしているファンドが、どのようなプロジェクトに...
RELATED POST
暗号通貨・ブロックチェーンに特化して投資をする主要ファンドの投資先データベース②研究所サロンでは、indivさんに寄稿を頂き、暗号通貨・ブロックチェーン領域に特化して投資をしているファンドが、どのようなプロジェクトに...
RELATED POST
シリコンバレーで最も影響力の大きい暗号通貨ファンドの投資スタイルと、影響力を強めるCoinbaseマフィア Andreessen Horowitz(a16z)が300億円規模の暗号通貨ファンドを設置 Andreessen Horowitz...

 

ですが、これまでレポートで触れてきたファンドは、主にVCスタイルのファンドです。

主に、現在のブロックチェーン業界のファンドにはタイプが2つあります。

VCスタイルのファンドとヘッジファンドの形式です。

VCスタイルのファンドは、有望なプロジェクトなどになるべく早期に投資をして5年くらいの視野で、大きなリターンを目指すというファンドです。
ファンドは運営費として、運用額に対して2.5%程度の運用報酬を毎年受け取る他、キャピタルゲインに対して20%のキャリーを得ます。

これまで紹介してきたa16zやUnion Square Ventures、1confirmation、malticoin capital、BlockTower capital、Blockchain capitalなどの面々はこれにあたります。
一方、ヘッジファンドスタイルのファンドもあり、本レポートではこちらを概観します。

これから彼らも影響力を高めていきますし、2018年7月現時点の概況を掴んでいきます。

目次
■VCスタイルのファンドと、ヘッジファンドについて
■乱立をするクリプトヘッジファンド
■注目されるクリプトヘッジファンド①概要
■注目されるクリプトヘッジファンド②概要
■注目されるクリプトヘッジファンド③概要
■総論

(続きは、研究所サロンに入会してお読みください。)

一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の500本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS