その他のパブリックプロトコル

アセット交換の機能を軸にした汎用ブロックチェーンのWavesの概要、歴史と現在の開発状況

d10n Labでは、レポート「アセット交換の機能を軸にした汎用ブロックチェーンのWavesの概要、歴史と現在の開発状況」を配信しました。

前提

本レポートでは、汎用ブロックチェーンのWavesの概要、解説を行います。
2019年に入っても多くのスマートコントラクトを実行できるブロックチェーンがローンチしていますが、Wavesは、2016年にローンチをした比較的古いプロジェクトです。
ロシア発のプロジェクトで、2016年当時ローンチしたパブリックブロックチェーンの中で数少なく今まで開発し続けられているプラットフォームであるとも言えます。
今回のレポートでは概要、および考察、筆者としての評価を盛り込みます。

サイト:https://wavesplatform.com/
ホワイトペーパー:https://blog.wavesplatform.com/waves-whitepaper-164dd6ca6a23
GitHub:https://github.com/wavesplatform/

目次
*前提
*Wavesの概要と歴史
*ブロック生成のメカニズムLPoS(Leased Proof of Stake)
*Wavesのスマートコントラクト言語・Ride
*WavesのDEX
*WavesのICOでの資金調達・トークンディストリビューション
*Wavesトークンのユースケース
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。