中国

テンセント傘下のデジタル銀行Webankにおけるブロックチェーン関連の取り組みの概観

d10n Labでは、レポート「テンセント傘下のデジタル銀行Webankにおけるブロックチェーン関連の取り組みの概観」を配信しました。

前提

本レポートでは、テンセント傘下のデジタル銀行のWebankにおけるブロックチェーン関連の取り組みの概観をします。
Webankは、テンセントをはじめ複数の中国企業によって設立したデジタルファーストの銀行です。
Webankは、実店舗や支店といったオフラインの営業拠点を開設せずに、オンラインのみでその銀行業務を行っており根本からデジタルファーストです。
同銀行は、機械学習・クラウドを活用しながら、高い顧客体験を実現していますが、先端テクノロジーへの取り組みはブロックチェーンも含まれます。
Webankにおけるブロックチェーンの取り組みは中国国内のみならず、その他の国の銀行と比較しても世界有数のものであることは間違いなく、今回のレポートでは、その取組みを俯瞰することを目指します。

目次
*前提
*Webnakの概要
*Webankによるオープンバンキングと新技術戦略
*Webankによるブロックチェーンの戦略はオープンソース化とモジュール化
*ブロックチェーンミドルウェアのWeBase
*ブロックチェーンベースのIDシステムWeIdentity
*オラクルの繋ぎこみを行うWeEvent
*上記モジュールを使用した具体的取組事例
*総論

*参考

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。