エンタープライズブロックチェーン

世界最大手の電子契約サービスDocuSignによるブロックチェーン領域の取り組みを概観する

d10n Labでは、レポート「世界最大手の電子契約サービスDocuSignによるブロックチェーン領域の取り組みを概観する」を配信しました。

前提

本レポートでは、世界最大手の電子契約サービスによるブロックチェーン領域の取り組みを概観します。
は電子署名を用いて、クラウドで契約を完結させるサービスをさせてデジタル契約書のサービスサービスです。
ブロックチェーン、またはスマートコントラクトの活用は、DAppsやDAOの世界だけではなく、現実の商取引でも利用出来ることが期待されていることは周知の通りです。
Dicusignは、スマートコントラクトの研究開発を早い段階から行っていた1社です。
レポートでは、この契約書サービス大手が、ブロックチェーン領域でどのような取り組みを行っているか概観します。

目次
*前提
*世界最大手の電子契約サービスDocuSignについて
*2015年-2018年に行われた実証実験
*Accord Projectに参画
*スマートコントラクトプロバイダClauseへの投資
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。