VC・ファンド

ブロックチェーン領域の投資がエクイティ投資にシフトをする中、一部のトップクリプトファンドは何故トークン投資に強気なのか

d10n Labでは、「ブロックチェーン領域の投資がエクイティ投資にシフトをする中、一部のトップクリプトファンドは何故トークン投資に強気なのか」のレポートを配信しました。

※本レポートに掲載されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものではなく、一切の投資を推奨するものではなく、情報提供を主目的としています。
および、当レポートから取得された情報によって生じた、いかなる損害について責任を負うものではありません。

前提・投資家が幻滅をしたトークンへの投資

2017年に多くのICOプロジェクトが、トークンを発行して多くの個人投資家がそれを購入し、損失をだしたことは周知の通りです。
ほとんどのユティリティトークンは機能をせず、価格に関してもピークから95%以上の下落をして、市場から消え去ったトークンも少なくありません。
2019年の今、暗号通貨マーケットの市場参加者は、多くのトークンが機能せず、投資に値をしないことを学習しました。
ファンドの投資ディールも2018年中盤から2019年にかけて、トークンに投資をするのではなく、株式会社のエクイティに投資をすることが増えました。
プロトコルではなく従来的な株式会社でビジネスモデルを作り、キャッシュフローを作るブロックチェーン企業です。
しかし、一方で現在、一部のトークンが機能していることを確認出来始めていたり、ベアマーケットの中で高値更新をするトークンなどが出てきている事実があります。

今こそ優れた良い設計のトークンに投資をすべきであるという主張

著名クリプトファンドPlaceholderのパートナーであるChris Burniskeは、今こそトークンに投資をする時期であると主張し、実際に同ファンドでは多くのトークンに投資を実行しています。
Placeholderは、ニューヨークを拠点にするクリプトファンドで、Chris BurniskeとJoel Monegroによって2017年に設立されたファンドです。
トークンモデルについてや、ファイナンスの観点からクリプトエコノミクスを分析をする鋭い示唆に定評があるチームです。
彼が提唱した「Cryptoasset Valuations」は、海外のクリプトファンドでは読んだことがない人はいないと言っていいほど多くの引用がされた文章です。

RELATED POST
寄稿レポート:暗号通貨の評価算定「Cryptoasset Valuations」を出来るだけわかりやすく解説d10n Labでは、ゆりお(https://twitter.com/yurwo)さんによる寄稿レポート『Chris Burniskeの...

同ファンドによる以下のブログでは、今こそ(優れた良い設計の)トークンに投資をすべきであるということが書かれています。

*The Best Time to Buy & Build Tokens
https://medium.com/@cburniske/the-best-time-to-buy-build-tokens-d14ebe7acbd3

彼らによると、今多くのクリプトファンドのディールは、株式会社のエクイティが中心になっていますが、それらの株式会社は数年後、いくつかのプロトコルを使ってビジネスをしているだろうと予測しています。
クリプト・ブロックチェーンの市場が成熟をしたとき、
株式会社の数>>>プロトコルの数
になっているはずであり、恐らくその数は少ないながらもマーケットのドミナンスが高いプロトコルトークンの方が、エクイティへの投資リターンが大きいという予測を主張しています。
これは例えば、MakerDAOや0xなどを想像をすると分かりやすいはずです。
MakerDAOや0xというプロトコルを使用する株式会社は数多く存在しますが、これらと同規模のプロトコルはいくつもあるわけではありません。
これの前提としては、いくつかの分散化したミドルウェアプロトコル(e.g. Auger、MakerDAO、Gnosis)などの周りにセントライズなビジネスができるというプロトコルとビジネスレイヤーの関係図があります。
これについては下記のレポートを参照下さい。

RELATED POST
ブロックチェーンのアプリケーションは分散化すると、ミドルウェアプロトコルに変容する。 ブロックチェーンのアプリケーションをビジネスにする考え方前提・DApss、DEXという言葉の意味を考える。 DAppsとかDEXは、非中央集権なアプリケーション、非中央集権なエクスチェンジと...

そして、そのプロトコルに今投資することも出来るのに、何故しないのか?ということが、Chris Burniskeのブログの要点です。
彼は、2014-2016年にビットコインではなくブロックチェーンに集中をした人が後悔をしたように、2018−2020年にエクイティ投資に集中をした人がトークンに投資をしておけば良かったと後悔をすることになるだろうと予測しています。

本レポートの全文はd10n Labに入会頂くと閲覧出来ます。

目次

*前提・投資家が幻滅をしたトークンへの投資

*今こそ優れた良い設計のトークンに投資をすべきであるという主張

*2019-2020年にトークンの投資環境でどのようなことが起こるかの予測

*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。