DeFi

DAIをEthereum経済圏の外、日常決済で広めようとするプロジェクトの事例

d10n Labでは、「DAIをEthereum経済圏の外、日常決済で広めようとするプロジェクトの事例」のレポートを配信しました。

前提

DAIは、MakerDAOのシステムをもとに発行されるStablecoinで、Ethereumの経済圏で広く使われつつあります。
MakerDAOとDAIの仕組みは、これまで複数のレポートで解説をしている通りです。

RELATED POST
Ethereumの分散型金融で広く利用がされ始めているDAIと、その裏側のMakerDAOの仕組み、ガバナンスの考察d10n Labで配信をしたレポートでは、Ethereumの分散型金融で広く利用がされ始めているDAIと、その裏側のMakerDAOにつ...

DAIが主にどこで使用をされているかについては、Ethereumのレンディングプロトコルを通してや、DApps内などあくまでEthereumの経済圏の中で使われています。

RELATED POST
今の時点で見えるDeFi(分散型金融)の実態と、将来予想d10n Labでは、「今の時点で見えるDeFi(分散型金融)の実態と、将来予想」のレポートを配信しました。 前提 DeFiという言...

ただし、Stablecoinであるものの、Ethereumのネットワーク内に存在するので、送金のコンファメーションには数分がかかり、またトランザクションにgasが必要であることは、日常決済では使いにくい点になっています。
この点を解決し、DAIをEコマースなどや決済で使用出来ることを目指したプロジェクトが複数始まっています。
DeFiがEthereum上の新しい経済圏だとすれば、それと従来社会の経済圏のブリッジにでもなるような立ち位置を目指したプロジェクト群です。

これらも今後、重要な領域となる可能性が高く本レポートで解説します。

EthereumのPoAサイドチェーンで稼働をするxDAI

xDAIというプロジェクトが存在します。
xDAIは、xDAI Chain上に存在するトークンであり、xDAI Chainは、POA Networkを利用したEthereumのサイドチェーンです。
xDAI Chainは、PoA(Proof of Authority)による特定のバリデータによって検証され、高速なトランザクションが行えるサイドチェーンです。

このサイドチェーン上に、Ethereumのメインチェーン上のDAIとペグしたトークンであるxDAIがあります。
メインチェーンのDAIのホルダーは、xDai Bridgeのコントラクトアドレスを通して、メインチェーン上にDAIをロックアップして、xDaiをサイドチェーン上で生成できます。
サイドチェーンからxDAIをEXITする場合は、サイドチェーンからその分のxDAIがバーンされ、EthereumのメインチェーンのDAIが動かせるようになります。

執筆時点で、xDAI Chainは、MakerDAO、POA Network、Giveth、ProtoFireの4つのバリデータが検証しています。
つまるところ、バリデータが4つしかいないことから、セキュリティは劣るものの、トランザクション性能が高いトラスト性が強いサイドチェーンです。
BlockStreamがローンチをしたBitcoinにおけるLiquidと似たような仕組みであるとイメージしてもられば分かりやすいだろうと思われます。
なおPOA Networkによるサイドチェーンは、EVMの互換性を持ちます。
つまり、Ethereumのスマートコントラクトがサイドチェーン上で使用することができ、今後の実装次第では、POA Network上で、メインチェーンにEXITを行わずCompoundを使うことが出来たりするなどが出来る可能性が考えられます。

参考:https://xdai.io/
参考:https://medium.com/poa-network/xdai-chain-let-the-decentralization-begin-1c6f2b255e58

d10n Labのレポート全文では、さらにDAIと関連するプロジェクトの紹介と考察を行っています。

目次
*前提
*EthereumのPoAサイドチェーンで稼働をするxDAI
*xDAIを使いやすくするウォレット
*xDAIとzDAIのコンバート
*ペイメントプロセッサ
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。